てくなべ

インフラ、ネットワーク、自動化などの技術的なことを書いていきます。

network

7/21 ネットワーク自動化の勉強会を開催しました(Ansible/SaltStack/Netmiko/NAPALM)

2017/07/21 に 「ネットワークの自動化、何つかう?~自動化ツール紹介~」という発表をしました。 8a1-apc.connpass.com 発表に使用した資料はこちらです。 ネットワーク自動化、なに使う? ~自動化ツール紹介~ (2017/07/21開催) from akira6592 www.slid…

ネットワーク自動化の勉強会を開催します(Ansible/SaltStack/Netmiko/NAPALM)

7月と8月にネットワーク自動化の勉強会を開催しますのでご案内いたします。(2回とも同一内容です。) 実施概要 近年、APIに対応していないネットワーク機器でも自動化できる方法が増えてきました。 一方で、「興味はあるけど、試してみる時間も環境もない!…

ネットワーク自動化関連の気になる書籍

ネットワーク自動化関連で、気になっている書籍が2つあるのでご紹介します。 どちらも現在のところ2017年8月発売予定となっています。 Network Programmability and Automation: Skills for the Next-generation Network Engineer https://www.amazon.co.jp/…

Netmikoで 「TELNET」経由のネットワーク機器自動化を試す

■ はじめに Netmiko とは、Cisco IOS や Juniper Junos などのネットワーク機器にSSHでログインして操作するのを助けてくれるPythonのライブラリです。 例えば、ログインやコンフィギュレーションモードへの移行、ログアウトなどの操作は関数として抽象化さ…

Ansible の napalm-ansible モジュール群でCisco IOS 機器の様々な情報を取得する

■ はじめに マルチベンダー対応のネットワーク機器制御ライブラリのNAPALMには、ansibleと連携するための napalm-ansible というモジュール群があります。 今回はその中の napalm_get_facts というモジュールを利用して Cisco IOS 機器の様々な情報を取得し…

Ansible の ios_facts モジュールでCisco IOS 機器のシステム情報やインターフェース情報を取得する

■ はじめに Ansible には 2.2 から Cisco IOS の システム情報やインターフェース情報などを収集する ios_facts というモジュールが追加されています。 どのような結果になるのか確認するために試してみます。 [公式ドキュメント] ios_facts - Collect facts…

Ansible でネットワーク機器のコマンド結果をパースしてくれるフィルタープラグイン「ansible_helpers」を試してみた

■ はじめに Ansible はCisco IOS や、Juniper JUNOSなど様々なネットワーク機器に対応するモジュールがあります。 show系のコマンドを実行して結果を取得することもできますが、取得した結果を良い感じにパースしてくれるフィルタープラグイン 「ansible_hel…

ネットワークプログラマビリティ勉強会(#npstudy) #12 参加メモ

2017/04/21 にIIJさんで行われたネットワークプログラマビリティ勉強会 #12に行ってきました。ちょっとしたことですがメモを記録しておきます。 オープンソースコンテナネットワークプラグインContiv @shogokatsurada さん www.slideshare.net 関連記事: シ…

Ansible でネットワーク機器を操作したい時に参考になりそうな日本語情報

はじめに 構成管理ツールのAnsible はCisco IOS、NX-OS、Juniper JUNOS、ARISTA、VyOS、等々のネットワーク機器に対応したモジュールもあります。 参考:Network Modules一覧 しかし、比較的最近対応したためか、サーバー系のモジュールと比較すると情報が少…

PAN-OS(Paloalto)のXML APIの叩き方

■ はじめに Paloalto Networks社のFWは、HTTP(S)経由のAPIに対応しています。 レスポンスはXMLで返ってきます。簡単な例でAPIを叩いてみます。 ■ 準備 リクエストには毎回認証用のパラメータであるkeyを付加する必要があります。 そのkeyを発行するために、…