てくなべ (tekunabe)

ansible / network / automation / StackStorm

Ansible の Junos 対応モジュールは標準モジュールとGalaxyモジュールの2種類ある

はじめに

Ansible は ネットワーク機器にも対応していて、Juniper の Junos にも対応しています。 Junos対応モジュールは大きく分けて以下の2の種類があります。

  • Ansible本体に組み込まれているモジュール(以下、標準モジュール)
  • Ansible Galaxy からインストールして利用するモジュール(以下、Galaxy モジュール)

このため、見るべきドキュメントを間違えてしまったりすることがあります。 この記事では、これら2種類のモジュールの入手方法やドキュメントの場所などについてまとめます。 (すべて 2018/02/10 現在)

比較

標準モジュール Galaxy モジュール
入手方法 Ansibleインストール時に同時に入る ansible-galaxy install Juniper.junos
公式ドキュメント Ansilbe全体 Ansible for Junos OS
モジュール名プレフィックス junos_ juniper_junos_ (*1)
モジュール一覧 Junos Juniper.junos Ansible Modules
 モジュール例1 junos_facts juniper_junos_facts
 モジュール例2 junos_config juniper_junos_config
 モジュール例3 junos_l3_interface juniper_junos_srx_cluster
Playbook記述例 junos_config の利用例 juniper_junos_config の利用例
最新stableバージョン 2.4.3.0 2.0.1
GitHub リポジトリ ansible/ansible Juniper/ansible-junos-stdlib
  • (*1): Galaxy モジュールの1.xまでは、標準モジュールと同じ junos_ というプレフィックスでした。2.0 からは混同を避けるため、juniper_junos_ というプレフィックスに変更されました。中には「junos_cli」→「juniper_junos_command」のように、ガラッと名前変更されたモジュールもあります。詳細はGalaxyモジュールの2.0.0のリリースノートをご参照ください。