てくなべ (tekunabe)

ansible / network automation / 学習メモ

VS Code でうっかり作業中のターミナルを終了しないための設定("terminal.integrated.confirmOnExit": true)

はじめに

VS Code には統合ターミナルという機能があり、一画面の中で何かを書いたりターミナル作業したりできて便利です。私もかなりの頻度で利用します。

ただ、ワークスペースの切り替えたりするときに、うっかり作業中のターミナルを終了されてしまい「あれ、さっき実行中だったやつどうなったんだろう・・」となったり、やらかしてしまうことがありました。

先日たまたま、うっかり終了しないために、確認をとる設定("terminal.integrated.confirmOnExit": true)が分かったのでまとめます。

設定

設定画面を開きます。

f:id:akira6592:20200517105001p:plain
設定画面を開く

設定を有効にしたい範囲(ユーザー/ワークスペース)を選択します。

設定項目 terminal.integrated.confirmOnExit を探してチェックを入れて有効にします。

f:id:akira6592:20200517105447p:plain
terminal.integrated.confirmOnExit を有効にする

setting,json に書く場合は、以下のようにします。

    "terminal.integrated.confirmOnExit": true

以上で設定が有効になりました。VS Code の再起動は不要です。

設定確認

どのようになるか確認します。

以下のようにターミナルを開いている状態でで、ウィンドウを閉じます。

f:id:akira6592:20200517110013p:plain
ウィンドウを閉じる

すると、以下のように、確認ダイアログが表示されます。ここでキャンセルするとうっかりターミナルを終了せずにすみます。デフォルトではこの確認ダイアログが表示されずに終了します。

f:id:akira6592:20200517110137p:plain
確認ダイアログ

地味に便利なのが、閉じたけど生きてるターミナルがあるときも確認してくれる点です。

f:id:akira6592:20200517111152p:plain
助かる

おわりに

個人的にはデフォルトで有効でも良いのでは、という感覚の設定です。 もしうっかり終了してお困りの経験がある方お試しください。