てくなべ (tekunabe)

ansible / network / automation / 学習の記録

[Ansible] もくもく会の Windows編 に挑戦

はじめに

2020/11/10 開催の Ansible もくもく会は、はじめて Windows 編が登場しました。

普段はメンターで参加しているのですが、今回は Windows 編に普通の参加者として参加しました。

ansible-users.connpass.com

教材と環境

コンテンツはこちら(翻訳ありがとうございます!)。

github.com

Ansible Tower と Web 版の VSCode?(正式名称なんというのでしょう)、Windows サーバー、GitLabのセットが各参加者に割り当てられて、ハンズオンができます。

WinRM の接続設定もされていたようです。

やったこと

演習2ではまず手始めに、Ansible Tower で win_shell モジュールなどを利用してアドホック実行をしました。

アドホック実行してから、ブラウザの戻るボタンでもどって再度実行しようとすると「制限」が all となり、Windows 以外のホストにも実行してしまう点がちょっとはまりました。インベント画面から再度Windows ホストのみ選択して再実行するとうまくいきました。

アドホック実行できるモジュールは、予め設定で決まっているのですが、この環境ではいくつか win_* モジュールが追加されているようでした。(設定方法

演習3では、IIS をインストール、起動、コンテンツのデプロイをPlaybookを作りました。IIS というあたりが Windows らしいですね。

その後、ロール化もおこないました。

演習7では、Windows Update を実行する Playbook を作成しました。

アップデート対象を教材通り、CriticalUpdatesSecurityUpdates のままにすると、今回のタイミングでは特にアップデートが適用されなくて面白くなかったので、全カテゴリを選択したら、アップデートがあたりました。

脱線しますが、VSCode の小技です。

なお、RDP で接続した感じですと Windows Core のようでした。予め準備されているのは助かります。

プロジェクトの更新忘れがち

GitLab に git push して、Ansible Tower のプロジェクトで 最新ファイルを持ってくるという流れがサーバー編や、ネットワーク編とは異なりました。

新しいファイルを追加するとプロジェクトを更新するというのを忘れると、ジョブテンプレートでPlaybookを選択できない、というのが割と罠です。

対策1: Webhook

nnstt1.hatenablog.com

対策2: コマンドツールで効率化

tekunabe.hatenablog.jp

おわりに

はじめての Windows 編でのもくもく会でした。ニーズはだいぶあるようなのでまた開催されるといいなと思います。

次回は 12/17 開催で、サーバー・ネットワーク編です。

ansible-users.connpass.com

他の参加者の方の記事

note.com