てくなべ (tekunabe)

ansible / network automation / 学習メモ

「Pythonとネットワークの自動化基礎検定」を受験してきました

はじめに 周囲のエンジニアは息を吸うように色々受験(そして合格)されているようなのですが、私はしばらく何もやっていませんでした。確か直近は、4年前の DevNet Associates(失効)。 久々に、なにかやってみとうと思っていたところ「Pythonによるネット…

[Ansible] コミュニティから公開されている Execution Environment(ただし2023年12月現在用途は限定的)

はじめに ここ数年で、Ansible をコンテナ上で動かそうという動きが加速しています。 logmi.jp そうは言われても、自分でビルドするにはまだハードルが・・、という方もいらっしゃるかもしれません。Ansible Community として GitHub Container Registory で…

[Ansible] ansible-core 2.16 で --ask-vault-passowrd と同機能の -J が使えるようになった

はじめに ansible-vault で暗号化したファイルを復号してPlaybook内で利用する際、復号パスワードを対話的に入力するためのオプションとして、--ask-vault-password、--ask-vault-pass があります。 ansible-core 2.16.0 でこれらと同じ用途として -J オプシ…

[Ansible] 2023年の Ansible 関連リリースや動向まとめ

この記事は Ansible Advent Calendar 2023 の 24日目の記事です。 はじめに リリース AAP 2.4 リリース EDA(Event-Driven Ansible)が GA Red Hat Ansible Lightspeed with IBM watsonx Code Assistant が GA AAP 1.2 のサポート終了 ansible-core 2.14.0 …

[Ansible] ansible-core 2.16 からタスクの成功を条件とするリトライには until が不要になった

この記事は Ansible Advent Calendar 2023 の 18日目の記事です。 はじめに これまで、retries を指定していても until の指定がない場合は、リトライ処理が行われませんでした。 ansible-core 2.16 (Ansible community Package としては 9)で、タスクの成功…

[Ansible] 2023年の新しい Ansible Galaxy はコレクションのバージョン指定でドキュメントが参照できて便利

この記事は Ansible Advent Calendar 2023 の15日目の記事です。 はじめに 今年、Ansible Galaxy のサイトがリニューアルしました。 galaxy.ansible.com 各コレクションのバージョンごとのドキュメントが参照できるようになりました。 Red Hat 社提供の Auto…

[Ansible] ansible-core 2.16.1 などに入った変更による assert モジュールのエラー「Conditional is marked as unsafe, and cannot be evaluated.」

はじめに ansible-core 2.16.1、2.15.7、2.14.12 で、破壊的な変更が入りました。 ansible-core 2.16.1 の changelog より引用 assert - Nested templating may result in an inability for the conditional to be evaluated. See the porting guide for mor…

[Ansible] 所属するグループ内に失敗したホストがあればPlayをとめる

この記事は Ansible Advent Calendar 2023 の 11日目の記事です。 はじめに 今回の Advent Calendar 8日目の記事で @usagi_automate さんが、「所属するグループ内に失敗したホストがあれば処理スキップしたい」という記事(以下、元記事)を書かれていまし…

[Ansible] Jinja2 テンプレートによる生成結果をansible.builtin.template ルックアッププラグインで表示する

この記事は Ansible Advent Calendar 2023 2日目の記事です。 はじめに ある時、Jinja2 テンプレートを書いていて、試行錯誤しながら結果がどうなるか確認したい時がありました。 ansible.builtin.template モジュールで、ファイルを生成してから確認する形…

[Ansible] ansible.utils.fact_diff フィルターで変数間のdiffをする(モジュールではなく)

この記事は Ansible Advent Calendar 2023 1日目の記事です。 はじめに 先日リリースされた ansible.utils コレクションのバージョン 3.0.0 と 2.12.0 で、ansible.utils.fact_diff フィルタープラグインが追加されました。 (3.0.0 からは ansible-core 2.1…

[Ansible] Ansible 公式ブログ以外の redhat.com 上の Ansible 記事

はじめに Ansible には The Inside Playbook (https://www.ansible.com/blog) という公式ブログがあります。 Ansible に関する公式ソースで即時性のある情報源として、とても重宝しています。 割と最近気づいたのですが、他にも redhat.com ドメインのブログ…

[Ansible/EDA] ansible.eda.webhook イベントソースプラグインでトークンによる認証をかける

はじめに これまで何度かansible.eda.webhook イベントソースプラグインを使って、Webhook 経由で何かを動かすということを試してみました。 このイベントソースプラグインは認証機能を持たせることもできるので、トークンによる認証を試してみました。 検証…

[Ansible/EDA] ansible-rulebook 1.0.1 で run_job_template のみ Automation Controller に接続確認するようになった

はじめに これまで ansible-rulebook では、どんな action でも連携先の Automation Controller に接続確認しにく仕様がありました。 ansible-rulebook 1.0.1 で、action が run_job_template のときのみ接続確認する改善が行われました。 Release v1.0.1 · …

[Cloudflare] Cloudflare Tunnel のトンネルの起動をサービス化する

はじめに 前回の記事 では、Cloudflare Tunnel を cloudflared tunnel run トンネル名 で起動しました。 フォアグラウンドでの起動ではなく、サービスとして起動したかったので試しました。基本的には以下の公式ドキュメント通りです。試行錯誤したあとに少…

[Ansible/EDA] EDA Controller のプロジェクト更新とアクティベーションの再開を REST API で操作する

はじめに 以前の記事で、EDA Controller の REST API の操作を試しました。お作法はなんとなく分かったので次のお題にうつります。 もともと API を使いたくなったきっかけにもなるのですが、Rulebook の書き方を試行錯誤しているとき、 リポジトリ上の Rule…

[Cloudflare] Cloudflare Tunnel の Ingress rules で複数サービスまとめて公開する

はじめに Cloudflare Tunnel は、手軽に内部のサーバーを公開できるサービスです。固定グローバルIPや、インバウンドのポート開放も不要で便利です。ngrok あたりが類似サービスに当たるかなと思います。 developers.cloudflare.com これまで、複数のサーバ…

[Ansible/EDA] EDA Controller の REST API のお作法とプロジェクト、アクティベーション作成

はじめに Automation Controller と同じく、EDA Controller にも REST API が備わっていることを知りましたので、ちょっと触ってみました。 本記事では、API の叩き方を調べ方と、API でのプロジェクトとアクティベーションの作成の仕方について扱います。 …

Postman の URL 欄に curl コマンドをペーストすると Postman のリクエスト設定に変換してくれる

はじめに Postman は、HTTP リクエストを自由自在に出せるツールで、REST API を叩くときなどに利用しています。 (最近 VS Code 向けの拡張があることを知りました) 偶然知ったのですが、URL を入力する欄に curl のコマンドをペーストすると、Postman の…

[Ansible/EDA] Automation Controller との連携に EDA Controller が必要かどうか考える

はじめに 以前の記事 で、Palo Alto ファイアウォールと EDA Controller、Automation Controller の連携を試しました。 記事の中でも触れていますが、EDA Controller が本当に必要かどうかは考えず、とりあえず手を動かしてみた趣旨でした。 連携を考えるう…

[Ansible] Palo Alto ファイアウォールから Automation Controller のジョブテンプレートを実行する(EDA Controller なし)

はじめに 前回の記事(以下、EDAありの記事)で、EDA Controller を使い、Palo Alto ファイアウォールの設定変更したらコンフィグを git にバックアップする仕組みを作ってみました。 作っている途中、EDA Controller を経由しなくても同等のことが実現でき…

[Ansible/EDA] EDA Controller に設定されている連携先 Automation Controller のURLを確認、変更する

はじめに EDA Controller から Automation Controller のジョブテンプレートを実行するといった連携ができます。 そのためには、EDA Controller 側に、Automation Controller の URL を指定する必要があります。 インストール時であればインストーラー の in…

[Ansible/EDA] Automation Controller のジョブテンプレート側で、EDA Controller 側のイベント情報を参照できる ansible_eda 変数

はじめに EDA Controller 側から run_job_temolate アクションを利用すると、API 経由でAutomation Controller のジョブテンプレートを実行できます。 (なお、ansible-rulebook 1.0.0 現在、ワークフロージョブテンプレートは実行できません。機能追加予定 …

[Ansible/EDA] EDA Controller ではユーザー「eda」が DE(Decision Environment)を扱う

はじめに Automation Controller では、awx というユーザーで EE (Execution Environment) で pull などしてました。 AAP 2.4 で追加された EDA Controller だとどうなんだろうと調べてみました。 環境 EDA Controller 1.0.0 バージョン番号は rpm のファイ…

pip install コマンドの --dry-run コマンドで、インストール予定のパッケージを確認する

、# はじめに たまたまですが、pip install コマンドに --dry-run オプションが有ることを知りました。 連想できる通り、指定したパッケージを実際にはインストールせずに、依存パッケージ含めて何がインストールされる予定かを教えてくれるオプションです。…

[Ansible/EDA] Palo Alto ファイアウォールの設定変更したらコンフィグを git にバックアップする仕組みを作ってみた

はじめに 以前の記事で、 paloaltonetworks.panos コレクションを含む Decision Environment (DE) をビルドしました。 せっかくなので、paloaltonetworks.panos コレクション内の logs イベントソースプラグインを使って、Palo Alto のファイアウォールと、 …

[Ansible] ansible-builder はコレクションが依存しているパッケージもインストールしてくれる

はじめに Ansible の Execution Environment(EE、Playbookを実行するコンテナイメージ)をビルドするツールとして、ansible-builderがあります。 正直、私はこれまで「Dockerfile / Containerfile を yaml で記述できるちょっとしたラッパーツール」くらい…

[Ansible/EDA] カスタム の Decision Environment (DE)を ansible-builder でビルドする

はじめに EDA Controller では、Rulebook を実行するために Decision Environment(画面上の文言は "決定環境" )が必要です。実態は利用するコンテナイメージの指定です。Automation Controller が Playbook を実行するために、Execution Environment(EE、…

JANOG52 Meeting 参加レポート

はじめに 2023/07/05-07 に長崎県長崎市で開催(現地とオンラインのハイブリッド)された JANOG52 Meeting にオンラインで参加しました。現地も盛り上がって、コロナ禍まえに徐々に戻ってきているみたいでしたね。 本記事では、当日参加したプログラム、現時…

[Ansible] docs や expamles がリポジトリ移行。WinRM セットアップスクリプトがリンク切れに

はじめに Ansible の コミュニティドキュメントを、リポジトリansible/ansible から分けて ansible-documentation に移す動きが進んでいます。 この記事では、これまでの経緯や今のところ分かっている影響をまとめます。 経緯 分かっている範囲では、発端は…

[Ansible/AAP] Automation Controller 4.4 で tech preview 中の新しい UIへ切り替える

はじめに AWX の方では少し前(21.14.0 あたり?)から、新しい UI が tech preview 扱いで利用できるようになりました。 先月リリースされた AAP 2.4 に含まれる Automation Controller 4.4 でも tech preview 扱いで限定的に利用できるようになりました。…