てくなべ (tekunabe)

ansible / network / automation / StackStorm

network

ネットワーク設定自動化に利用するインプット形式の分類(範囲、処理形式、表現形式別)

はじめに ネットワーク機器の設定変更を自動化するあたって考慮するポイントの1つは、設定情報のインプットをどのような形式にするかです。 設定情報のインプット形式は? たとえば、機器が解釈できるコマンドを直接インプットする方法もあれば、パラメータ…

ネットワーク自動化しにくい機器(TELNET/WebUI/踏み台の向こう)

はじめに netmiko、NAPALM、Ansible のように、既存のネットワークを自動化できるOSSが増えてきました。 それでもやはり、自動化しやすい機器としにくい機器があるなと考えています。 この記事では機器使用面、環境面含めてそれぞれれまとめます。 (当たり…

JANOG43 レポートその2【登壇編】自動化の行き着く先は?

はじめに 自動化の行き着く先は? 2019/01/23-25 に山梨県甲府市のコラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)で開催された JANOG43 Meeting in Yamanashi に参加してきました。(ハッカソンは1/22) 本ブログでは、3回に分けてレポートします。 その1 参…

ネットワークのテスト自動化に利用できそうなツールまとめ

はじめに サーバーのテスト自動化といえば、 Serverspec や Testinfra 、infrataster などが有名ですが、ネットワークのテスト自動化については、みんなが口をそろえて名前を出すものがないような印象です。一方で、リスクの観点から設定変更の自動化より先…

[Ansible] Junos の設定投入後に commit せずに candidate config を取得する

■ はじめに Ansible は、Juniper Junos のネットワーク機器に対応していて、情報の取得や設定変更ができます。 Junos は設定投入後に commit することによって、実際の動作に反映されます。設定変更の流れの中で、commit 前の candidate config を確認したい…

ネットワーク自動化ツールの選定ポイント(Ansible、Netmiko、NAPALM、Nornir)

はじめに 近年、ネットワーク機器への作業を自動化するOSS のツールやライブラリが増えてきています。この記事では、こんな観点でツールを検討するのが良いのでは、という自分の案をまとめてみます。 例示するツールとしては、Python で実装されている Ansib…

Juniper 機器が検証できるリモートラボサービス「Juniper vLabs」の利用方法

■ はじめに: Juniper vLabs とは Juniper vLabs とは、Juniper の仮想ネットワーク機器を検証用途でリモートから利用できる、無料のラボサービス(現在BETA版)です。非常にありがたいサービスです。 用意されたトポロジの中から、利用したトポロジを予約す…

netmiko と TextFSM を利用してネットワーク機器の show コマンド結果をパースする

■ はじめに ネットワーク自動化 Python ライブラリ netmiko では、状態表示のための show コマンドや、設定変更のコマンドを実行できます。 TextFSM というパーサーと連携して、 show コマンド結果を パース して扱う事ができます。 パースされた Junos の s…

[Ansible] ios_config モジュールの backup オプションによるバックアップで意図しないバックアップファイルが削除されるバグについて (Ansible 2.7.5 現在)

■ はじめに Ansible には Cisco IOS ネットワーク機器に設定変更コマンドを実行する ios_config モジュールがあります。 ios_config モジュールには、backup という、設定変更前のコンフィグを事前に Ansible 側に保存するオプションがあります。 デフォルト…

[Ansible] ios_config モジュールの src で指定するファイルの内容には正しいインデントが必要

これは Ansible Blogger 2018 (sponsored by Red Hat) Advent Calendar 2018 の22日目の記事です。 ■ はじめに Ansible には、 Cisco IOS ネットワーク機器に対して設定変更コマンドを実行できる ios_config モジュールがあります。 ios_config モジュール…

[nornir] 指定できるプラットフォーム名(ios / junos / eos / vyos など)

■ はじめに Python 製自動化フレームワークライブラリ nornir は、ネットワーク機器への接続に、 NAPALM や netmiko をデフォルトで利用できます。 接続の際のコネクションパラメーターとして、どのプラットフォームに接続するかを示す platform ( nornir 1.…

Arista EOS の検証用コンテナ版「cEOS-lab」の環境構築手順(1台編)

これは Network engineering Advent Calendar 2018 の17日目の記事です。 ■ はじめに Arista EOS には、コンテナ版の「cEOS」という製品があります。この cEOS の検証用として無償の「cEOS-lab」というものがあります。 2018年11月に開催された Red Hat Foru…

[Ansible] 2018年のAnsible ネットワークモジュールのアップデートまとめ(詳細版)

これは Ansible Advent Calendar 2018 の15日目の記事です。 ■ はじめに 2018年、Ansible は 2.5、2.6、2.7 とバージョンアップを重ねてきました。ネットワーク関連では、新規対応プラットフォームやモジュールの追加の他にも、ネットワークモジュール用コネ…

[Ansible] グループ変数を活用したネットワーク機器への Syslog サーバー追加

この記事は、Software Design 2018年12月号 の 特集1「[超速]入門 Ansible」内の「第3章:Ansibleでネットワーク作業も自動化」(以下、基本編)の続きです。 ソフトウェアデザイン 2018年12月号作者: 中島倫明,横地晃,齊藤秀喜,楠正憲,三廻部大,鷲北賢,くつ…

[Batfish] 重複したインターフェースのIPアドレスを検出する(Cisco IOS編)

ネットワーク機器のコンフィグ解析ツール Batfish には、重複したインターフェースのIPアドレスを検出する機能があります。 Batfish の Python ライブラリpybatfish でいう ipOwners() に、パラメータ duplicatesOnly=True を与えたときの動作です。 以下に…

[Batfish] ネットワーク機器のコンフィグを読み込んでルーティングなどの様々な検証ができるツール「Batfish」の紹介

■ Batfish とは: 実機に接続することなくコンフィグを検証 Batfish は、ネットワーク機器のコンフィグの様々な検証ができるツールです。 実機に接続する必要はありません。 準備したコンフィグファイルを読み込んでパースし、解析して内部でネットワーク機器…

[nornir] Python 製自動化フレームワーク「nornir」かんたんチュートリアル(Ansibleと比較しながら)

※2018/12/18 更新: nornir 2.0.0 リリース に伴い、全面的に 2.0.0 対応に更新しました。 ■ nornir とは nornir は、Python 製の新しい自動化フレームワークです。 netmiko や NAPALM も取り込んでいるため、ネットワーク機器にも対応しています。 この記事…

ネットワーク自動化 Python ライブラリ NAPALM 2.3.3 リリース、公式 Docker イメージ追加など

■ NAPALM 2.3.3 リリース github.com 2018/10/15 にネットワーク自動化 Python ライブラリである NAPALM 2.3.3がリリースされました。詳細は 2.3.3 CHNGELOG に記載があります。 この記事では、個人的に気になった Docker イメージの追加と、モックの利用法…

【Ansible】net_get モジュールで SCP でコンフィグをバックアップする

■ はじめに Ansible 2.6 で SCP/SFTP でネットワーク機器とファイルを送受信する net_get モジュールと、 net_put モジュール ができました。 このうち、この記事ではファイルを受信する net_get モジュールを使って、Cisco IOS の startup-config のバック…

Ansible 2.7 で導入予定のネットワークモジュール cli_command を試す

■ はじめに 現在開発中の Ansible 2.7 (develブランチ) で、ネットワーク機器への 参照系コマンドを実行するモジュール cli_command が登場したことを知りました。 Ansible 2.7 New Modules2018/08/07cli_command名前の通り、ネットワークデバイスに対して、…

Ansible Night in Fukuoka 2018.08 で「Ansibleではじめるネットワーク自動化」という発表をしてきました

■ はじめに 【祝】初福岡開催! Ansible Nitght (旧Meetup)は2017年までは東京でのみの開催でしたが、2018年は他の場所でも開催されています。 7月には大阪で、そして8月3日には福岡で Ansible Night in Fukuoka 2018.08 が開催されました。 ansible-users.c…

日本のネットワーク機器ベンダーの Ansible 対応状況(Alaxala・APRESIA・古河電工)

■ はじめに Ansible は Cisco、Juniper、ARISTAなどのネットワーク機器にも対応しています。 公式ドキュメント上のネットワークモジュールの一覧ページを確認すると分かりますが、日本のネットワーク機器に対応するモジュールは標準モジュールにはありません…

StackStorm と Ansible で Cisco IOS ルーターに設定を投入する(st2 run編)

■ はじめに StackStorm と Ansible 連携を試すために、Cisco IOS ルーターに設定を投入する方法を確認しました。 この記事では、環境の準備と st2 run コマンドによる簡単な Ansible 連携の方法をご紹介します。 ■ StackStorm側の準備 StackStorm 本体のイン…

Ansible 2.5.3 で ios_config モジュールのコンフィグバックアップ時に defaults オプションを参照するようになった

■ はじめに ios_config モジュールには、コンフィグのバックアップファイルを生成する際に利用するコマンドを show running-config にするか、show running-config all または full (以降 show run all) にするかを決める、defaults というオプションがあり…

[Ansible] ios_config モジュールで意図せず chaneged になってしまうバグが 2.5.3 で修正された

はじめに Ansible 2.5.0 - 2.5.2 の ios_configモジュールには、コンフィグが変更されていないにもかかわらず意図せず changed になってしまうバグがありました。2018/05/18 にリリースされた Ansible 2.5.3 で修正されましたので、簡単な動作確認をします。…

Ansible でNW機器のインターフェースが意図通りのVLANに所属しているかチェックする(associated_interfaces)

■ はじめに Ansible 2.4 から、ネットワークモジュールに、設定だけでなく「意図した状態か」チェックする Declarative Intent という機能が追加されました。 参考 https://www.ansible.com/blog/networking-features-in-ansible-2-4 Ansible 2.4 時点では、…

Ansible ネットワークモジュールにおける facts の扱い

■ はじめに Ansible のネットワークモジュールは、通常のモジュールとは facts の扱いが異なります。 この記事では、ネットワークモジュール固有の facts の扱い方についてご紹介します。 想定バージョンは Ansible 2.5.2 です。 ■ 通常の facts は ネットワ…

Ansible Network Team によってメンテナンスされているネットワークモジュール一覧

Ansible Network Team によってメンテナンスされているネットワークモジュール一覧は以下のページにまとめられています。 Modules Maintained by the Ansible Network Team — Ansible Documentation (参考リンク) www.redhat.com What networking platforms …

Ansible ネットワークモジュールの aggregate オプションによる繰り返し処理の特徴

■ はじめに Ansible 2.4 から、ネットワークモジュールの一部で、繰り返しを伴う設定を効率的に投入できる aggregate というオプションが利用できるようになりました。 この記事では、既存の with_items による繰り返しとの比較を通じて、動作の紹介をします…

Ansible Night in Tokyo 2018.04 で「Junosモジュールのコネクションタイプの使い分け」という発表をしてきました

■ はじめに 2018/04/26 に開催された Ansible Night in Tokyo 2018.04 で「Junosモジュールのコネクションタイプの使い分け」という発表をさせていただきました。 ansible-users.connpass.com Ansible 2.5 で、ネットワークモジュール向けに network_cli 、 …