てくなべ (tekunabe)

ansible / network / automation

Intel NUC 上の ESXi 7.0 に BUFFALO の USB NIC を認識させる

はじめに

先日、第10世代 Intel NUC を購入して ESXi 7.0b をインストールしました。

f:id:akira6592:20200724140643p:plain:w400
ESXi 7.0b

物理 NIC を追加したくなったため調べたところ、以下の記事を見つけました。

tech-mmmm.blogspot.com

この記事で紹介されているチップセット「AX88179」と同じらしい「BUFFALO 有線LANアダプター LUA4-U3-AGTE-BK ブラック Giga USB3.0対応」がたまたま家に転がっていたため、試しました。

ほとんど前述の記事の手順と同じです。とても参考になりました。私の環境の場合は、ESXi 7.0 なので、ドライバのファイル名(後述)だけ違います。

接続

USB NIC を NUC の余っている USB 3.0 のポートに接続します。

接続直後の確認

ESXi に SSH でログインして、lsusb コマンドで、接続直後の状態を確認します。

[root@localhost:~] lsusb
Bus 001 Device 001: ID 0e0f:8003 VMware, Inc. Root Hub
Bus 002 Device 001: ID 0e0f:8003 VMware, Inc. Root Hub
Bus 001 Device 002: ID 8087:0026 Intel Corp.
Bus 001 Device 003: ID 0b95:1790 ASIX Electronics Corp. AX88179 Gigabit Ethernet
[root@localhost:~]

ASIX Electronics Corp. AX88179 Gigabit Ethernet が追加されました。 ただし、まだドライバをインストールしていないため、ESXi 上の 物理NIC としては認識されていない状態です。

ドライバのダウンロードとインストール

こちらのサイトからドライバをダウンロードします。

ESXi 7.0 を利用しているので、ドライバファイルは ESXi700-VMKUSB-NIC-FLING-34491022-component-15873236.zip を選択します。

f:id:akira6592:20200724140143p:plain
ESXi 7.0 向けのドライバを選択

ダウンロードしたドライバファイルを、データストアブラウザや SCP などで ESXi へコピーします。

その後、esxcli software vib install -d ドライバのzipファイル名 でドライバをインストールします。

[root@localhost:~] esxcli software vib install -d /vmfs/volumes/datastore1/ESXi700-VMKUSB-NIC-FLING-34491022-component-15873236.zip
Installation Result
   Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
   Reboot Required: true
   VIBs Installed: VMW_bootbank_vmkusb-nic-fling_0.1-4vmw.700.1.0.34491022
   VIBs Removed:
   VIBs Skipped:

ESXi の再起動を要求されているので、再起動します。

確認

正しく認識されたか ESXi の web にログインして確認します。

vusb0 という物理NIC が追加されました。

f:id:akira6592:20200724140420p:plain
vusb0 が追加された

f:id:akira6592:20200724140539p:plain
vusb0 の詳細

おわりに

たまたま家に転がっていた NIC でできてよかったです。

長期的に利用したわけではないので安定面はまだ不明ですが、とりあえずは認識しました。

f:id:akira6592:20200724141053p:plain
リンクアップもしてます