てくなべ (tekunabe)

ansible / network / automation

第10世代 Intel NUC への ESXi 7.0b のインストールと初期設定

先日購入したIntel NUC の NUC10I7FNH に、ESXi 7.0b をインストールしました。自分が行った手順を作業記録としてまとます。

【目次】


■ カスタムイメージの作成(ESXi 7.0b + NIC ドライバ)

NUC に ESXi をインストールするには、NICのドライバを追加したカスタムイメージが必要ということは事前に聞いていました。対応ドライバがないと、インストール序盤で NIC がないというエラーになるためです。

当初は ESXi 7.0 (bなし)ベースの、以下のページを参考にしてカスタムイメージを作成しようとしました。

www.virten.net

一回お試してやってみて、この手順でもできたことはできたのですが、VMware 製品に詳しい方からこんな情報をいただきました。

Nested ESXi というものをやる予定もなかったのですが、せっかくなので、紹介していただいた記事の「Option B: Image Builder using PowerCLI」を参考に、 ESXi 7.0b + NICドライバでカスタムイメージを作成することにします。

資材のダウンロード

ESXi 7.0b patch Offline Bundle (VMware-ESXi-7.0b-16324942-depot.zip) をダウンロードします。

f:id:akira6592:20200711103221p:plain:w400
b がついてます

続いて、 ESXi 7.0b patch Offline Bundle (VMware-ESXi-7.0b-16324942-depot.zip)をダウンロードします。

PowerCLI のインストール

私の環境では、PowerCLI が未インストールでしたので、インストールします。

管理権限で PowerShell を開き、以下のコマンドを実行します。

Install-Module -Name VMware.PowerCLI -Scope CurrentUser

イメージの作成

引き続き、PowerShell のターミナルでの作業です。前述の 2ファイルをダウンロードしたディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行します。

$esxiOfflineBundle = "VMware-ESXi-7.0b-16324942-depot.zip"
$intelNicOfflineBundle = "ESXi670-NE1000-32543355-offline_bundle-15486963.zip"
$esxiImageProfileName = "ESXi-7.0b-16324942-standard"
$newImageProfileName = "ESXi-7.0b-IntelNUC10"
Add-EsxSoftwareDepot $esxiOfflineBundle
Add-EsxSoftwareDepot $intelNicOfflineBundle

$IntelNUCVib = Get-EsxSoftwarePackage | where {$_.name -eq "ne1000" -and $_.version -eq "0.8.4-3vmw.670.3.99.32543355"}
New-EsxImageProfile -CloneProfile $esxiImageProfileName -Name $newImageProfileName -Vendor vGhetto
Remove-EsxSoftwarePackage -ImageProfile $newImageProfileName -SoftwarePackage ne1000
Add-EsxSoftwarePackage -ImageProfile $newImageProfileName -SoftwarePackage $IntelNUCVib

Export-EsxImageProfile -ImageProfile $newImageProfileName -ExportToIso -FilePath "ESXi-7.0b-IntelNUC.iso"

実行ログ

PS C:\Users\sakana\Desktop\vmware\b> $esxiOfflineBundle = "VMware-ESXi-7.0b-16324942-depot.zip"
PS C:\Users\sakana\Desktop\vmware\b> $intelNicOfflineBundle = "ESXi670-NE1000-32543355-offline_bundle-15486963.zip"
PS C:\Users\sakana\Desktop\vmware\b> $esxiImageProfileName = "ESXi-7.0b-16324942-standard"
PS C:\Users\sakana\Desktop\vmware\b> Add-EsxSoftwareDepot $esxiOfflineBundle

Depot Url
---------
zip:C:\Users\sakana\Desktop\vmware\b\VMware-ESXi-7.0b-16324942-depot.zip?index.xml



Depot Url
---------
zip:C:\Users\sakana\Desktop\vmware\b\ESXi670-NE1000-32543355-offline_bundle-15486963.zip?index.xml


PS C:\Users\sakana\Desktop\vmware\b> New-EsxImageProfile -CloneProfile $esxiImageProfileName -Name $newImageProfileName -Vendor vGhetto

Name                           Vendor          Last Modified   Acceptance Level
----                           ------          -------------   ----------------
ESXi-7.0b-IntelNUC10           vGhetto         2020/06/02 1... PartnerSupported


PS C:\Users\sakana\Desktop\vmware\b> Remove-EsxSoftwarePackage -ImageProfile $newImageProfileName -SoftwarePackage ne1000

Name                           Vendor          Last Modified   Acceptance Level
----                           ------          -------------   ----------------
ESXi-7.0b-IntelNUC10           vGhetto         2020/07/11 1... PartnerSupported


PS C:\Users\sakana\Desktop\vmware\b> Add-EsxSoftwarePackage -ImageProfile $newImageProfileName -SoftwarePackage $IntelNUCVib

Name                           Vendor          Last Modified   Acceptance Level
----                           ------          -------------   ----------------
ESXi-7.0b-IntelNUC10           vGhetto         2020/07/11 1... PartnerSupported


PS C:\Users\sakana\Desktop\vmware\b> Export-EsxImageProfile -ImageProfile $newImageProfileName -ExportToIso -FilePath "ESXi-7.0b-IntelNUC.iso"

同じディレクトに生成された ESXi-7.0b-IntelNUC.iso が目当てのカスタムイメージです。


■ インストール用USBメモリの作成

カスタムイメージが作成できたので、次はそれを起動可能な形式でUSBメモリにコピーします。今回はたまたま手元にあった 1GB のモノを利用します。

f:id:akira6592:20200711115517p:plain:w400
何かでいただいた fluke の USB メモリ、かわいい

IOS ファイルをそのまま USB メモリにコピーしても起動可能な状態にはなりませんので、Rufus のようなツールを使ってコピーします。

対象の USB メモリと ISO ファイルを指定するだけです。

f:id:akira6592:20200711105944p:plain:w400
完了


■ ESXi のインストール

先ほど作成した、USB メモリを NUC に接続して電源をいれます。

インストーラーが起動するので、画面の指示に従って進めます。

f:id:akira6592:20200711110936p:plain:w400
インストーラーの起動中、ビルド番号は 16324942

f:id:akira6592:20200711111028p:plain:w400
よろしくお願いします

f:id:akira6592:20200711111051p:plain:w400
EULAの確認

f:id:akira6592:20200711111119p:plain:w400
キーボードは日本語で

f:id:akira6592:20200711111148p:plain:w400
ルートパスワードの設定

f:id:akira6592:20200711111207p:plain:w400
インストール対象ストレージの確認

f:id:akira6592:20200711111255p:plain:w400
インストール処理の実行中、1分もかからなかった気がします

f:id:akira6592:20200711111322p:plain:w400
一応 USB メモリを抜いて、再起動

このあたりで、LAN ケーブルを接続しました。

f:id:akira6592:20200711111522p:plain:w400
無事に再起動したあと

これでカスタムイメージによる ESXi7.0b のインストールができました


固定IPアドレスの設定

初期設定では DHCPIPアドレスを取得していました。このままではサーバーらしくないので、固定のIPアドレスを設定します。

先ほどの、再起動したあとの画面で F12 を押します。

f:id:akira6592:20200711112145p:plain:w400
設定したばかりの root のパスワードを入力

表示された設定画面で設定をしていきます。

f:id:akira6592:20200711112242p:plain:w400
Configure Management Network を選択

f:id:akira6592:20200711112617p:plain:w400
IPv4 Configuration を選択

f:id:akira6592:20200711112644p:plain:w400
固定IPアドレスを指定、ここでは末尾 .90

f:id:akira6592:20200711112717p:plain:w400
設定したアドレスになっている(まだ表示上のみ)ことをかくにんして Esc を押す

f:id:akira6592:20200711112819p:plain:w400
設定を反映したいので Y

f:id:akira6592:20200711112845p:plain:w400
設定画面トップに戻るので、再度 Ecs

f:id:akira6592:20200711112916p:plain:w400
元に画面にもどった

これで、固定IPアドレスの設定ができました。


■ ライセンスの割り当て

無料とはいえ、ライセンスの割り当てが必要です。

VMware vSphere Hypervisor 7.0 ダウンロード センターからライセンスキーを確認して控えておきます。

f:id:akira6592:20200711113413p:plain:w400
ライセンスキーの確認

ブラウザで https://ESXiのIPアドレス を開いて root でログインします。

管理 > ライセンス > ライセンスの割り当て をクリックします。

f:id:akira6592:20200711113848p:plain:w400
ライセンス画面

先ほど控えたライセンスキーを入力して割り当てます。

f:id:akira6592:20200711113931p:plain:w400
割り当て完了

f:id:akira6592:20200711114036p:plain:w400
無事


■ おわりに

ということで、以下のような環境ができました。

f:id:akira6592:20200711114211p:plain:w400
サマリ

NUC セットアップの記事でも書きましたが、まだ挿してない もう一枚の 32GBがあるので、これをどうにかして 64 GB にしたいと思います。

とりあえず32GB のままでいいので、CML-P あたりのデプロイも進める予定です。